ChromeでUser Agent偽装を手軽に行うエクステンション

公開
更新日

スポンサーリンク

Google Chromeで簡単にユーザーエージェントを偽装するエクステンション「User-Agent Switcher」。

User-Agent Switcher for Chrome

動かないという報告がやたらにあるが、動くときは動く。条件がわからん…

chrome user agent spoofer screen capture

chrome user agent spoofer screen capture

インストールするとアイコンが表示されるので、クリックして偽装したユーザーエージェントを選ぶ。リストに目的のユーザーエージェントがなければ、オプションで設定も可能。IE8に設定してアクセスしてみたところ、ユーザーエージェントは確かにIE8のものが表示された。

document.write( navigator.userAgent );
//Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; WOW64; Trident/4.0; SLCC1)

Mac Safari4に設定してアクセスすると、“Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; en-us) AppleWebKit/531.21.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.4 Safari/5”に。

1クリックでユーザーエージェントを変えられ手軽なので、簡単にすませたい時にはいいかもしれない。しかし確実にやりたいときは、chromeの起動オプションでUAを設定するのがいいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment